川島町予防接種情報提供サービス

異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔

予防接種で使うワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあり、異なった種類のワクチンを接種する場合には間隔をあけることが必要です。

◆生ワクチン
BCG、麻しん風しん混合、麻しん、風しん、水痘、おたふくかぜ、ロタウイルス
⇒接種間隔を27日以上あける

◆不活化ワクチン
四種混合、三種混合、二種混合、不活化ポリオ、日本脳炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、子宮頸がん予防、インフルエンザ、B型肝炎
⇒接種間隔を6日以上あける

[問合せ]
健康福祉課 健康増進グループ:049-299-1758
≪戻る