川島町予防接種情報提供サービス

任意接種(ロタウイルス、おたふくかぜ)

ロタウイルス、おたふくかぜ等の任意接種は、保護者のかたと医師との相談によって判断し行われるものです。
接種希望の際は、直接医療機関にお申し込みください。接種費用は自己負担となります。
※平成30年4月より、川島町ではロタウイルスワクチンの接種費用の一部助成を行っています。詳しくは川島町ホームページをご覧ください。

◆ロタウイルス
・ロタウイルスに感染すると、突然の嘔吐や発熱に続き、水のような下痢が一日に何回も起きます。激しい嘔吐や発熱、脱水などで入院が必要となることがあります。

・ロタウイルスのワクチンは2種類あり、2回接種と3回接種のものがあります。どちらも初回接種は生後6週以後、14週6日までに行うことが推奨されています。


◆おたふくかぜ
・おたふくかぜはムンプスウイルスの感染によって起こります。主な症状は、耳下腺が急激に腫れて痛みを伴います。おたふくかぜに感染した人のうち、約1,000人に1人が難聴になることが報告されています。
周りの人に感染させる可能性がある期間は、耳下腺の腫れの数日前から、耳下腺、顎下腺、舌下腺の腫れが出てから5日を経過するまでと考えられています。


[問合せ]
健康福祉課 健康増進グループ:049-299-1758

※こちらは川島町ホームページへのリンクとなります。
※PCサイトとなりますので、携帯からアクセスする場合はパケット料金にご注意ください。
≫詳細はこちら上記を理解してアクセス
≪戻る